minus in the sun



minus in the sun

その目が嫌いなんだ
無数の手 無数の首
同じ顔達が手招くだけ

枯れ逝く樹々を慈しむように
忌まわしき己を飼い殺す

神にだって 太陽にだって
誰にだって 貴方にだって
光を平等に差し出す力など残っていない
本当は知っていた

明日は失われた
鬨の声 虚ろな願い
隙間風が嘲笑うだけさ

太陽が墜ちるならば
平等と言う名の
幸せも不幸も無い世界?

穢れた花を哀れだと呼ばないで
「僕は今此処にいる」
何処にいる?

神にだって 太陽にだって
誰にだって 貴方にだって
光を平等に差し出す力など残っていない
この世界には誰もいない
誰もいない 誰もいない
そうでしょう?
ただ其処に在るのは冷たい温もりだけ
本当は知っていた

やがて古傷は死の影に捕らわれるだろう
「忘れるわけにはいかない」と
そんな時でも何故か自我だけは保たれている
故に僕は独り

成功者も経験者も押し付けるのは同情の花束
きっとお前にも救えないさ
この絶望に―――空へ願うような叫びに
この瞳に―――刻み付けたその意思に
疑問を投げ掛ける愛しいお前達の為に真っ赤な恒久の愛を見せてやる

どうせちっぽけな事なんでしょう?
声を殺していればいい
強く生きてゆけばいい
いい?

呼吸を殺し 張り詰めた空気を感じ
鈍色の今 雲路の先へ

神にだって 太陽にだって
誰にだって 貴方にだって
光を平等に差し出す力など残っていない
この世界には誰もいない
誰もいない 誰もいない筈でしょう?
ただ側に居るのは赦せない自分だけ
本当の自分だけ

扉の向こうはきっと笑顔の世界
ほら笑い声が止まない
ただただ、笑い声が

どんなに貴方が願い叫んだって
どんなに貴方が全てを憎んだって
その世界に手を差し伸ばす権利がある筈もなく
ただ悲しい
そう呼ぶしか出来ない
そんな、こんな僕もきっと
―――「同じ」だったんだ

永久に満たされる事の無い虚無の中で
誰の為でも無く
故に僕は独り

一度だけ祈りが許されるならば
今、雨を下さい

minus in the sun

那双目真让人厌恶啊
无数的手 无数的头
以同样的容貌向我招着手

因爱怜着枯萎的树木
将令人厌恶的自我宰杀

即使向着神明 即使向着太阳
无论向着何人 即使向着你
已经没有了将光芒平等地照射的力量
其实我是知道的

明日已经迷失了
呐喊着 虚幻的愿望
只有阴风在嘲笑着

太阳坠落之后
是被称作平等的
幸福与不幸都消失了的世界?

不要把不洁的花以可怜相称
“我现在在这里呢”
究竟在哪里呢?

即使向着神明 即使向着太阳
无论向着何人 即使向着你
光芒已经没有了平等地照射出去的力量
这个世界上谁也不在
谁也不在 谁也不在
不是吗?
这里只有冰冷的温度罢了
其实我是知道的

旧伤终将被死亡之影所囚禁
“我不应忘记”
即使在这种时候为什么只有我被保护下来了呢
因此我成了独自一人

将成功者与经验者强加给我的是同情的花束

即使是你也一定拯救不了的
让这绝望——让向着天空祈愿般的呼喊
让这双瞳——让雕刻的那心意
让投出疑问的可怜的你们看看那鲜红的恒久的爱吧

为什么是一件微不足道的事呢?
只要将声音杀死就好了
只要坚强的活下去就好了
是吗?

抹杀呼吸 感受绷紧的空气
在灰色的今天 向着云路的前端

即使向着神明 即使向着太阳
无论向着何人 即使向着你
光芒已经没有了平等地照射出去的力量
这个世界上谁也不在
谁也不在 谁也不在不是吗?
在我身边的只有无法被原谅的自己啊
只有真实存在的自己而已

门的那侧一定是一个微笑的世界
听 那笑声无法停止
只是、那笑声

无论你怎样祈愿着哭泣
无论你怎样憎恨着这一切
也没有权力向那个世界伸出双手

除了悲伤地
像这样呼喊以外没有别的办法
是啊、这样的我一定也
——是“同样”的吧

在永远无法被满足的虚无之中
不为任何人
因而我 独自一人

若是仅仅能准许我的一个愿望也好
现在、请为我下场雨吧